メルセデスベンツ キーの電池交換があまりにも簡単に出来ちゃう件。


お越し頂きありがとうございます。

常日頃メルセデスベンツを販売している中で

思う事などアップしております。

よろしくお付き合い下さい。

〈スポンサーリンク〉


問合せの多いアレ

さて、冬休みであろうと、夏休みであろうと

お問合せが多く、なおかつお電話ではなかなか

お伝えしにくい案件が有ります。

それはリモコンキーの電池切れです、、、

最近ではただの開け閉めだけではなく

プッシュスタートになったり、

カギを取り出さなくてもドアノブの所で

開閉出来たりと電池の消耗は多いですよね。

電池交換して下さい!!と

メーターのインジケーターに表示されると

お客様から大慌てで連絡を頂きます。

動かなくなっちゃうじゃん!!って、、、

まぁしばらくは大丈夫なのですが

やはりあまり気分のいいモノではないですね。

(補足ですがホントに電池無くなると

プッシュスタートは使えなくなりますが、

スタートのボタンを手前に引っ張ると

外れますので、そこにカギを差し込んで

回してもらえればエンジンかかります)

そうは言っても一生懸命説明します、

ココをアアしてコウして、、、

全く理解していただけません(汗)

ではその方法を

いつも写真など見ながらご説明できれば楽なのに、

と思っておりましたので本日は

電池交換を図解入りでご案内です!!

是非参考になさって下さい。

写真中央に黒くギザギザしたモノが見えます

それをスライドさせると、、、        
スルッとカギが抜けて来ます!     
引き抜いてから

抜けて来た反対の方にそのカギを差し込んで

グイグイ!!                
パカッとフタが外れます。

フタの裏側に有るツメを突っついて外す感じです

ここが一番伝わり辛い所なんですが、

外れている所が見えるとイメージし易いですね。
あとは手のひらの上でポンポンたたくと電池が

外れます。

これを見ると大概のお客様は

え?これだけ??

とおっしゃるケースがほとんどです。

所要時間、約30秒くらいですから、、

ちなみに、電池はコンビニ等でも購入可能な

CR2025 という物をお求め下さい。

約300円ほどでしたよ。
〈スポンサーリンク〉


昨日も今日も1個づつ交換しましたよ、、

まぁ近所ですしお世話にもなっておりますし。

メルセデスユーザー様がこのブログを

ご覧になってやっていただければ

多少は役に立つのかな、、、

でも、、

そもそも見て頂けるのか、、、ソコ大事!!

1人でも役に立ったよ!!

という方がいらっしゃればいいのですが。

非常に参考になったという方は

いいね!ポチッとしてください!!

追記になりますが、タイヤパンクしてるよ!

っていう警告灯点いた事ありますか?

合わせてこちらも確認してみて下さい!

↓↓↓

メルセデス ベンツ 空気圧センサー

雪国では年2回のリセットが必須ですよ!という件。

そして、電池代えたらお出掛けですね!?

素敵な靴でお出掛け!!

〈スポンサーリンク〉




「メルセデスベンツ キーの電池交換があまりにも簡単に出来ちゃう件。」への2件のフィードバック

コメントを残す