メルセデス ベンツ 空気圧センサー 雪国では年2回のリセットが必須ですよ!という件。


お越し頂きありがとうございます。

常日頃メルセデスベンツを販売しながら

思う事や新型の情報などを

アップしていきたいと思います。

よろしくお付き合い下さい。

〈スポンサーリンク〉


春の風物詩的なお問合せ!

この時期に多いお問合せについて

本日はご紹介致します。

ただ全国的にあるお問合せではなく

降雪地域のみのこの時期だけに

特化した現象!?です。

それはタイヤの空気圧センサーなんですが

タイヤがパンクした時にお知らせしてくれる!

というありがたい装置なんですが、

雪国ですとこの時期、スタッドレスタイヤからの

履き替えが行われるのですが、空気圧センサーを

リセットしないと車自身がパンクしてる!!

って思ってしまうんです。。。

勿論メルセデスの工場であればメカニックが

リセットをしてくれるのですが、ご自分でタイヤを

交換したり、もしくはリセットを知らないお店等で

作業をするとご自分でリセットの必要が有ります。 
まずはステアリングと左側の左右の矢印

を押してみましょう!

メーターの真ん中のインジゲーターの中の

カーソルが動いていますね!!

メンテナンスにカーソルを合わせてOKボタン!

タイヤ空気圧にカーソル合わせて

またOKボタン!                                            

空気圧はチェックしましたか?

大丈夫ならまたOKボタンです!

手間な様ですけどね…(^^;

上記の手続きを終了すると無事に

空気圧センサーがスタンバイします!

クギなんか踏んで少しずつエアが漏れていた!

としてもセンサーが感知して

お知らせしてくれます・:*+.\(( °ω° ))/.:+

安心ですね!

先日お伝えした

ワイヤレスキーの電池交換

と合わせて知っていて

頂くと非常に役に立つと思います!

〈スポンサーリンク〉



「メルセデス ベンツ 空気圧センサー 雪国では年2回のリセットが必須ですよ!という件。」への1件のフィードバック

コメントを残す